今日のカープ速報 優勝セレモニー 第135戦

地元凱旋試合

2016年9月10日(土)、カープは25年ぶりのリーグ優勝を飾りました。

早いことで、あの熱気からすでに5日も経ちました。

そして今日、カープナインは優勝後初の地元凱旋となりました。

対戦相手は優勝決定試合でも戦った読売ジャイアンツです。

CSを見据えて、今日もしっかり勝ち抜くことができるのか!?

今日も注目の一戦が行われました!

カープ試合内容、結果・戦評

スターティングメンバー

2016年第135戦スタメン

試合結果

2016年第135戦試合結果

投手成績

2016年第135戦投手成績出展元リンク

結果は「カープ 5-0 巨人 」で、カープの快勝となりました。

巨人打線をわずか4安打に抑え込んだ投手陣の活躍は素晴らしかったです。

先発の岡田投手は勝負所で腕を振れており、5回表2死3塁から長野選手を見逃し三振に抑えた150kmストレートは球威抜群でした。

その後を引き継いだ、カピバラ3兄弟(一岡投手、今村投手、大瀬良投手)は何も心配することがないほど安定した投球を披露。

最後はオスカル投手がわずか8球で3人を打ち取り、見事な投手リレーで凱旋試合を勝利で飾りました。

田中広輔選手の集中力

投手陣が素晴らしい活躍を見せる中、負けじと打線も頑張りを見せてくれました。

特にカープのリードオフマン 田中選手は8回裏に貴重な追加点を奪ってくれました。

カープ2点リードで迎えた8回裏。

安部選手の2ベースヒット、石原選手、下水流選手の連続フォアボールで2死満塁のチャンスが訪れます。

打席にはカープ優勝の立役者の1人、リードオフマンの田中広輔選手が向かいました。

田中選手は2ボール2ストライクと追い込まれてから、3球ファールで粘りを見せ、続く8球目。

まん中低めの変化球を強打すると、打球はぐんぐん伸びて右中間へ。

あともう少し伸びていればホームランという打球は、フェンス下段に直撃する走者一掃のタイムリー2ベースヒットになりました。

凱旋試合にカープファンへ最高のプレゼントを届けてくれた田中選手。

CSでも大活躍してくれる期待を感じさせてくれる一打でした。

明日の予定

広島カープ:野村投手

中日ドラゴンズ:バルデス投手

試合会場「マツダスタジアム」、試合開始予定時刻「18:00」となっています。

まとめ

今日は試合終了後、優勝セレモニーが行われました。

優勝ペナント、トロフィーが授与され、緒方監督の挨拶や選手たちが球場を一周して回るなど、大いに沸きました。

最後には選手会長の小窪選手が音頭を取って、球場全員での「万歳三唱」で締めくくられました。

カープは優勝が決まってからもベストメンバーで戦っています。

選手たちが怪我をしないか、休ませなくて大丈夫かと不安になるときもあります。

ですがCSや日本シリーズを見据えて、まずはリーグ戦を最後までカープ野球を貫いて戦い抜く姿勢がそこにはあるんだと思います。

優勝後、現在まで3勝1敗と好調を維持しています。

このままさらに貯金を作り、圧倒的な力を見せつけてリーグを終え、CSを迎えましょう!

楽天ランキング「カープ 応援グッズ」関連トップ5!!



Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る