カープ速報 延長12回のドラマ ヒーロー磯村(第45戦)

黒田投手が先発した一戦

今日から甲子園球場で阪神タイガースとの3連戦を戦う広島カープ。

今日の先発は中12日の黒田投手です。

頸部神経根症と右肩痛で一時的にローテーションを外れての先発になります。

万全でない状況でもマウンドに上がり続ける男気に野手陣も応えていきたいところです。

今日も注目の一戦です!

カープ試合内容、結果・戦評

スターティングメンバー

2016年第45戦スタメン

試合結果

2016年第45戦試合結果

投手成績

2016年第45戦投手成績出展元リンク

結果は「カープ 4-1 阪神 」で、カープが延長12回の大熱戦を制しました。

注目された黒田投手は「6回119球 7安打3奪三振という投球内容でした。

数字を見ると「球数は多かったけど、しっかり抑えた」ように見えると思いますが、数値以上にかなり苦しいピッチングだったと思います。

いつも以上に、一球一球を慎重に投げているように感じましたし、自身の調子が良くないことも分かりながら投げているように見えました。

ですが、プロ野球は結果が全てと言われる世界です。

調子が良くないなかでも6回1失点にまとめる黒田投手の気迫の投球には脱帽です。

そして、黒田投手の粘投に応えた今日のヒーローを紹介しましょう!

プロ初打点も記録!今日のヒーロー磯村選手!

今日の試合は、黒田投手からバトンを受け継いだ中継ぎ陣が大奮闘。

ヘーゲンズ投手、ジャクソン投手が無失点の好リリーフを見せたのですが、8回まで打線は無得点。

ですが、今の広島カープはただでは終わりません。

9回表に先頭の丸選手がフォアボールで出塁すると、ワイルドピッチで2塁へ進塁。

続く新井選手が進塁打(セカンドゴロ)を放ち、次のエルドレッド選手がセンターへ犠牲フライ。

ノーヒットで1点をもぎ取り、同点に追いつきました。

その後、今村投手、中﨑投手、永川投手が好リリーフで阪神打線を抑えましたが、カープ打線も無得点のまま試合は最終の12回へ。

先頭の鈴木選手がフォアボールで出塁し、続く安部選手が送りバント。

次の天谷選手が進塁打(セカンドゴロ)を放ち、2死3塁のチャンスで打席には8回裏の守備から途中出場の磯村選手。

3ボール2ストライクからの7球目。

外角の球に上手くバットを合わせて、打球はライナー性でレフト前へ転がるタイムリーヒット。

試合を決める決勝打であることに加えて、磯村選手のプロ初打点となる一打でした。

試合を見ていたカープファンのなかには、思わず叫んでしまった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

私はもちろん、叫んでしまいました(笑)

これまで石原選手、會澤選手という壁になかなか出場機会がなかった磯村選手。

この一打が磯村選手のプロ野球人生を大きく変える一打になるかもしれませんね!

明日の予定

広島カープ:岡田投手

阪神タイガース:岩崎投手

試合会場「甲子園球場」、試合開始予定時刻「14:00」となっています。

まとめ

試合時間が5時間を超える打熱戦でした。

疲労が蓄積するなかで、明日はデイゲームです。

夏も近づき、気温も高くなっています。

選手には怪我だけには注意してもらい、離脱することだけは無いようにしてもらいたいと願うばかりです。

現地で応援するカープファンの皆さんも熱中症には気を付けて、しっかり水分補給しながら応援してくださいね!

楽天ランキング「カープ 応援グッズ」関連トップ5!!



Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る