広島カープ 新井貴浩選手2000本安打達成

新井選手 2000本安打達成記念特集

ついに、ついに新井選手が大記録「2000本安打」を達成しました!

今回は達成の記念に新井選手の特集記事を掲載したいと思います。

新井選手の記録達成後のヒーローインタビューや野球界から届いたお祝いの言葉など、新井選手に寄せられている情報をお伝えしていきます。

ヒーローインタビュー全文

2000本安打を放った今の気持ちは?

新井選手:「本当にチームメートのおかげで、勝ち試合で達成できて嬉しいです。ありがとうございます!」

今日は残り1本でのスタートでしたが、試合前はどんな気持ちでしたか?

新井選手:「試合前は普段通りだったんですけど、さすがに第1打席にむかう前の歓声をいただいたときは緊張しました」(笑)

そのあと、味方に3者連続ホームランがありました。いいムードを仲間がつくってくれました。

新井選手:「本当にチームメートには感謝しかないですね。今日の試合前、鈴木誠也に『今日は2本ホームラン打ってくれよ』と言ったんですけど、本当に打っちゃいました」

頼もしい後輩ですね。

新井選手:「本当に頼もしいですし、本当にいい後輩ばっかりで本当嬉しいです」

そのなかで、2000安打を放ったのは第2打席でした。振り返っていかがでしょうか。

新井選手:「やっぱりね、チャンスをお膳立てしてくれたので何とかしたいと思って打席に入りました」

打球はレフト線に落ち、タイムリーになりました。2塁ベースに辿り着いたときのお気持ちは?

新井選手:「もちろん自分自身も嬉しかったですけど、今日ここにたくさんつめかけていただいたファンの皆さんの喜んでいる姿を見て、それが嬉しかったです」

神宮球場は真っ赤に染まっています。神宮球場は新井選手がドラフト6位で指名される前、大学時代(駒大)を過ごした場所ですね。

新井選手:「この球場も大学4年間を過ごした球場で思い出がたくさんつまった球場です」

その時から18年経ちました。今の光景を当時、想像できましたか?

新井選手:「まったくできませんでした」

でも、今日で2000安打以上を積み重ねることができました。記録を達成できた要因はどこにあるのでしょうか?

新井選手:「まず丈夫に生んでくれた両親に感謝したいと思います。そして、僕の場合はたくさんの人に支えられ、お世話になってここまで来れたと思います。本当におかげさまです。ありがとうございます」

2000本安打達成は新井選手が大好きな大好きなカープのユニホームを着て達成しましたね。

新井選手:「何と言っていいか…。本当に皆さんありがとうございます」

改めて全国のファンへ、そして明日以降の戦いへの意気込みをお願いします。

新井選手:「明日もまたしっかりと頑張ります。そして最後の最後まで皆さんと一緒に笑顔になりたいと思います。明日も頑張ります!!」

カープOBから寄せられたコメント

山本浩二氏

「2000安打達成本当におめでとう。不器用な男が18年間がむしゃらに一生懸命やった結果、2000本につながったと思います。でも、これは通過点。今シーズンは優勝のチャンスでもあるので先頭に立って、これからも頑張ってほしいと思う」

野村謙二郎氏

「2000安打達成おめでとうございます。入団したときから新井を見てきましたが、とにかく怒られていた姿しか印象にありません。でも人一倍体が強く、人一倍負けん気が強く、そのおかげでこの大記録が達成できたと思います。本当におめでとう」

衣笠祥雄氏

「新井くん、おめでとう。本当に1本、1本がここへ来るまで大変だったと思います。良い思い出を自分で作ったことに自信を持ってください。これからチームのために再び1本、1本を積み重ねて頑張ってください」

前田智徳氏

「入団時からギリギリの瀬戸際だった選手でした。守備や走塁の力が特別にあったわけじゃない。打たなければ終わってしまう選手が、打力だけで2000安打まで到達したのだから、もの凄いことだと思います」

山本氏と衣笠氏は優しさが染み渡るような暖かいコメントをしていますね。

野村氏と前田氏は新井選手と共にプレーしたこともありますので、より新井選手の姿を捉えたコメントになっています。

特に前田氏のコメントは「さすが前田」と言わんばかりの独特な表現で面白いですよね!

まとめ

新井選手!本当におめでとうございます!

2000本安打というプロ野球界でもほんの一握りの選手しか達成できない、史上47人目の偉業を達成しました。

これからもカープの優勝に向けて、存分に力を発揮してください!

ちなみに、新井選手はご子息に「3000本安打達成してね」というかわいいおねだりをされたようです。

これからの新井選手にますます注目ですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カスタム検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る